歯茎を強くするためには

歯茎を強くするためには

歯茎を強くするためには

歯茎が弱いので 硬いものを噛むとすぐにあごが、だるくなってしまいます。
歯茎を強くするためには 血行をよくすることが大切と歯科からも言われています。
津市 歯科に言われ私がやっているのは 電動歯ブラシを歯と歯茎の境目に沿って当てることです。
歯科でも歯茎そのものに当てるのは歯茎を傷めることがあるので おすすめできません。
歯茎そのものをマッサージしたい時には 指を使うのが一番いいと思います。
あくまで 優しく小さな円を描くようにマッサージします。
一朝一夕に効果はでませんが 気長につづけることで 自分の歯を長く使えかつ、将来インプラント、入れ歯差し歯などにも負けない歯茎を作り上げましょう。
そして、内面からも歯茎ケア。
もし タバコを吸っているのなら 禁煙することです。
百害あって一利なしとはまさにタバコのためにある言葉と言えます。
タバコは口臭の原因になるほか、歯と歯茎にも有害です。
歯の粘膜の再生にはビタミン類が欠かせません。
口内炎なども「チョコラBB」などで かなり治りが良くなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME レーシックって何? レーシックの種類 レーシックのメリット こんな方にオススメ デメリットもあります